自己啓発支援制度

キャリアサポートプログラム

当社には、階層別研修や部門別研修のような集合教育の他に、自己学習を支援する自己啓発支援制度(キャリアサポートプログラム)があります。この制度は大きく二つのプログラムに分かれており、一つは通信教育費用援助制度、もう一つは公的資格取得支援制度です。ここではそれらについて詳しく紹介します。

研修風景1
研修風景2
研修風景3

通信教育受講費用援助制度

当社では、昇格要件となる「必修通信教育講座」と自己啓発のための「一般通信教育講座」で約100種類の通信教育講座を準備しています。講座は毎年見直しを行い、その時代時代にマッチングした講座を用意し、社員に呈示しています。
受講期間内に講座を修了した場合、会社から費用の半額に相当する金額の補助(上限3万円)があります。またアニメーションポイントも付与されます。

「必修通信教育講座」

一定の勤続年数に到達した場合や役職に応じて受講していただく講座で、担当業務や役割、置かれている立場に応じて必要な知識やスキルを身に付けるためのものです。必修講座は昇格要件の一つにもなっているため計画的に受講し、修了するよう社員に案内しています。

「一般通信教育講座」

どの社員も希望に応じて自由に受講できる講座です。自分の担当業務に関わる内容の講座はもちろん、直接担当業務に関わらない内容(例えばペン字講座やガーデニング講座)でも、リストに定められた講座ならば受講することができ、一定期間内に修了すれば費用の補助とアニメーションポイントを得ることができます。この制度を活用し、自己を高めている社員が大勢います。

キャリアサポートプログラム2015

公的資格取得支援制度

当社では、推奨する資格・検定を一覧にまとめ、社員に積極的に取得するよう働きかけています。資格・検定試験は担当業務ごとに必要なものをピックアップしています。
社員は事前に会社に申請し、試験に合格し資格を取得すると、会社から取得費用等の補助を受けることができます。
また、資格を難易度ごとに区分し、その区分に応じて取得費用の補助に加えてアニメーションポイントも付与しています。この取り組みにより、社員の資格取得に対する意識が変わりました。本制度は公的資格の取得率向上の大きなきっかけになっています。

研修システムトップへ戻る