階層別研修

2タイプ6段階の研修プランでキャリアアップを目指す

各社員が勤続年数や社内資格(格付けのようなもの)に応じて受講する研修プログラムです。入社後すぐに実施する新入社員研修に始まり、各階層に応じた研修プログラムを実施します。
業務スキルの向上やキャリアアップを目的とした研修プログラム以外に、社員が生活設計(特に定年退職後の生活)を考える上で参考となるようライフプラン研修等も実施しています。
それぞれのプログラムの詳細は下記をご覧ください。

自己啓発支援を通して全面的にバックアップ

各研修プログラムの内容

新入社員研修風景

新入社員研修

対象者新入社員

目的

社会人の自覚を持ち、良い習慣を身につける

主な内容

  • 社会人基礎力(ビジネスマナー、行動習慣、コミュニケーション他)
  • 薬業界基礎知識(倫理、法規制度他)
  • 会社知識 他
ロジカル研修風景

ロジカル研修

対象者原則入社3年目の社員

目的

論理的思考のスキルを学び、業務に活かす。

主な内容

  • 論理的思考
  • 3年目の役割 他
アクティブ研修風景

アクティブ研修

対象者原則入社5年目の社員

目的

リーダーシップを発揮し、後輩の指導(コーチング)ができるようなる。

主な内容

(外部講師招聘)

  • リーダーシップの理解
  • 後輩への助言・支援(メンター) 他
リーダー育成研修風景

リーダー育成研修

対象者一定基準を満たした社員

目的

チームリーダーとしてメンバーの指導・育成ができ、組織の活性化を図れるようになる。

主な内容

(社内講師)

  • 人事考課制度 他

(外部講師招聘)

  • チーム運営
  • マネジメント
  • リーダーシップとコーチング 他
マネージャー育成研修風景

マネージャー育成研修

対象者一定基準を満たした社員

目的

人格・人望が高く課員から信頼され、組織・部門目標を達成するマネージャーになる。

主な内容

(外部講師招聘)

  • 経営、戦略の基礎知識
  • 現状把握
  • 変革思考
  • 戦略設定スキル 他
ライフプラン研修風景

ライフプラン研修

対象者一定年齢に達した社員

目的

  • 定年退職後の社会保障制度等の基礎知識を学ぶ。
  • 退職後のライフプランを考える機会とする。

主な内容

  • 退職後の社会保障制度等の説明、退職後のライフプランを考える

部門別研修

部門別の研修内容

新入社員研修終了後、各部門に必要な専門知識やスキルを身につけるための研修プログラムです。特に、国が定める基準を理解し、遵守することは製薬企業の社員として重要事項のため、その教育訓練には多くの時間を割いています。また、専門知識やスキルについては、入社時だけでなく継続的に研修を行い環境の変化に対応していきます。

主なものとして

医薬営業部門
導入教育=基礎教育(疾病と治療、医薬概論、他)、実務教育(製品知識、技能・実地研修、他)
継続教育=循環器専門教育、他
研究開発部門
研究職:GLP教育訓練(一部の専門領域ではGMP教育)、他
開発職:GCP教育訓練、個別教育、他
生産部門
GMP教育訓練
各生産工程のOJT、他
信頼性保証部門
GQP教育訓練
GVP教育訓練、GPSP教育訓練、他

等があります。

新入社員研修風景

新入社員研修風景

AED(自動体外式除細動器)講習

救命講習(AED講習)

生産部門のOJT

生産部門のOJT

研修システムトップへ戻る