ハートのコラム 第3回 不整脈とは

ハートちゃん

私たちの脈は、通常1分間あたり60~100回のペースで、規則正しいリズムで拍動しています。不整脈とはこの脈が整っていない状態をいい、 拍動のペースが100回より多かったり、60回より少なかったり、リズムが不規則だったりする脈すべてのことを指します。診断は主に心電図に異常があるかどうかを見ます。 ところで、不整脈はなぜ生じるのでしょうか。心臓は、刺激伝導系と呼ばれる心臓内の経路を使って、電気的な興奮を心臓全体に伝え、心臓を収縮させます。 この経路の最初にはペースメーカーとなる細胞があります。ペースメーカー細胞は自律神経の支配を受けていて、この細胞が脈のペースとリズムを決定して、 興奮を下流の経路に伝える指令塔の役割を担います。指令塔から指令を受けた下流の経路は、秩序だって興奮を心臓全体に伝えます。秩序だった興奮の伝導には、 カリウムやカルシウムなどのミネラルが重要な役割を果たしています。
心臓全体に興奮が行き渡ると、心臓が1回収縮します。不整脈は、さまざまな原因によって心臓の電気経路に異常が生じた状態を指します。具体的な原因としては、 自律神経やペースメーカー細胞の異常、下流の経路の異常、血中ミネラル濃度の異常が生じることで起こります。
不整脈ではないかと心配な方は、ぜひ循環器専門医にかかられることをおすすめします。