循環器スペシャリストMR

循環器スペシャリストMRとは

当社では、循環器疾患とその薬物療法の高度な知識を有し、医師や薬剤師が行うチーム医療の一翼を担うことができるMRを育てるため、外部の評価も加えた社内認定資格制度を有しています。

循環器領域のスペシャリストへ

当社のMRは以前より、特に心臓病領域の専門医から高い評価と厚い信頼を頂いております。その一方で、昨今の医薬品業界を取り巻く環境の急激な変化に伴い、MRの活動は“量から質”へと移り変わってきており、ますますの「専門性」が求められています。
そこで、循環器領域特化企業としてMR全体のレベルを強化し、医療関係者のニーズの把握や循環器情報提供力のさらなる向上を図る目的で、当社独自の循環器専門MR制度を導入しました。

循環器専門MR制度の概要

循環器専門MR制度では、MRのレベルに応じて、循環器ベーシックMR、循環器スタンダードMR、循環器スペシャリストMRの3つに分類しており、循環器スタンダードMRを当社の標準的なMRと位置付けています。
循環器スタンダードMRは循環器専門医同士が話している内容が分かる専門知識を有し、自社製品の情報提供は勿論のこと、自社製品に関連する循環器疾患の病態生理、疾患経過に基づいた情報提供を行えるMRです。
皆様が入社して、始めの1年間はMR認定試験合格に向けた勉強と共に、循環器ベーシックMRとして必要な循環器領域の基礎を学んでいただきます。その後、遅くとも入社5年以内に循環器スタンダードMRに到達できるよう社内研修等で知識習得をサポート育成します。

循環器スペシャリストMRの認定について

循環器スタンダードMRの中でもさらに優秀なMRには、循環器専門医による面接試験を行い、評価基準を満たせば循環器スペシャリストMRに認定します。
循環器スタンダードMR到達後も、対外的に認められるより高度な専門知識を持ち、医師のハイレベルな要望に応えられる循環器スペシャリストMRを目指していただきます。