トーアエイヨーのコーポレイトサイト

新卒採用情報 当社臨床開発職の特徴

①専門医からの厚い信頼

循環器専門医からの厚い信頼、力強いお言葉が、新薬にかける私たちの思いを後押しします。

②少数精鋭

大手メーカーと異なり、臨床にステージアップする段階からその承認取得に至るまで一連の流れに携われます。

③QOL改善

患者さんのQOL改善に役立つ医薬品開発が私たちの使命です。QOL改善を念頭に開発に取り組んでいます。

国内製薬企業として開発に挑む

国内製薬企業だからこそ、自分たちの手で医療ニーズの評価や開発戦略を立案し、いかに早く患者さんのもとに新薬を届けるかを練ることができます。また、治験は、モニタリング、ライティング、データマネジメント、生物統計など臨床試験に関わる一連の業務を一人一人のスキルとキャリアに応じて分担し、共通の理解と連携によって、医療機関はじめ多くの方々の御協力を得て進めます。その中で多くを学ぶことができ、自分自身も確実に成長できます。

臨床開発センターは東京研究所にあります。

東京研究所外観

循環器専門医の力強いメッセージ

計画段階から、我が国トップの循環器専門の先生方と相談を重ね、対象となる疾患に応じて治験施設を選定して治験を進めます。「きっと循環器医療を変える薬になるよ!」「日本から世界に発信しよう!」という先生方からのメッセージは、私たちの背中を強く押してくださいます。多くの人とつながっていることにやりがいを感じる仕事です。

臨床開発を担当する社員です。

臨床開発センター職場の雰囲気

患者さんのQOL改善が合い言葉

QOL(Quality of Life)とは「生活の質」ですが、自分自身が納得して取り組む生き方につながります。長生きも大事ですが、健康寿命という観点から、QOLはますます重要となっています。患者さんにおいては、病気等による生活面の制約や苦痛により、その人らしく生活することができなくなってしまうこともありますが、私たちは、このような状況の改善に貢献できる薬を開発して患者さんに届けるべく努めています。

治験の研究会開催の準備を行っています。

開発担当者のミーティング

当社の臨床開発体制

臨床開発業務は東京研究所内の臨床開発センター3つの課で担当します。
A試験ではCRA(モニター)、B試験ではライティングを担当するなど試験毎にメンバー編成し、課を超えた連係プレーが必須です。
開発統括推進課:臨床開発戦略の立案、臨床試験の品質管理、新医薬品の製造販売承認申請等に関するデータ・資料の保管、教育訓練
開発課:新医薬品の承認取得に必要な各種臨床試験の計画、臨床試験の実施(CRA業務)、臨床に関する部分の承認申請資料の作成
データサイエンス課:データマネジメント業務、臨床試験の計画、実施、評価における統計解析手法の計画実施と報告書作成、安全性情報の評価・規制当局への報告

東京研究所のシックなエントランスホールです。

東京研究所のエントランスホール

働く先輩を見る