トーアエイヨーのコーポレイトサイト

新卒採用情報 臨床開発職研修制度


臨床開発職研修制度の概要

臨床開発職の研修の概要は以下のとおりです。初めに新入社員全員で研修を受講します。その後、研究職の新入社員と共に部門内研修を受け、職場赴任後に実施する導入教育を経て役割に応じた継続教育を受けます。

臨床開発モニターの必需品です。これにスマホも加わります。

臨床開発職の研修スケジュールと内容

臨床開発職の研修内容及びスケジュールは専門分野により異なります。
当社全体の研修制度につきましては「研修システム」をご覧ください。
研修システムはこちら

研修スケジュール

4月上旬〜中旬
新入社員研修
4月中旬〜5月下旬
部門内教育
6月
導入教育(集合教育)
7月〜9月
導入教育(個別教育)
随時
継続教育

研修内容

新入社員は、赴任後まず導入教育を受けます。
その一つが集合教育です。臨床開発センターに赴任後、約1か月間行います。臨床開発センターの詳細な業務内容について、先輩社員から説明を受けます。その後、個別教育に入ります。先輩のモニター活動に同行し、医療機関でのモニターの業務について学びます。
OJTを通して、治験の現場を学べる貴重な機会です。導入教育終了後も、随時継続教育を実施します。開発職としてのスキルアップを目的に、定期的に研修会を開催しています。

働く先輩を見る