トーアエイヨーのコーポレイトサイト

歴史と伝統、そして未来へ

トーアエイヨーは創立から70年以上の歴史を持つ「医療用医薬品」の専門メーカーであり、「循環器領域のスペシャリスト」です。このページでは当社の歴史とともに、当社がこの先の未来へ向けてどのような想いで、どのような道を歩もうとしているのかをご紹介いたします。


     

1943年〜(草創期)

会社誕生
- 蚕蛹のビタミンB抽出からスタート -

伊達工場

当社は今からおよそ70年前、世界遺産に登録された「富岡製糸場」の最後の民間オーナーである片倉工業株式会社により、蚕蛹からビタミンB2を抽出し製品化することを目的に1943年に設立され、「東亜栄養化学工業株式会社」としてその第一歩を踏み出しました。

東亜栄養化学工業の初の製品「ビスラーゼ錠」は発売当時、蚕蛹の油を搾った脱脂蚕蛹に胚芽、麹菌、乳酸菌を添加してビタミンB2を生産する発酵法で製造をしていましたが、この方法は原料中のビタミンB2含有量や生産の安定面で課題が多く、技術向上が必要でした。

そこで、1945年、当社はさらなる技術向上を実現します。ビタミンB2を特異的に生産する「KS菌」を入手し、脱脂蚕蛹のタンパクを培養基にしてKS菌を培養、ビタミンB2を効率的に生産する製造方法を確立したのです。

この発明は画期的なものでした。ビタミンB2の生産量が飛躍的に向上し、B2を高配合した製品「強力ビスラーゼ錠」が発売されます。

その後、当社のビタミンB2含有製品は、注射剤「ビスラーゼ注」や、パンやビスケットの食料に添加する強化食用「ビタミール1号末・2号末」など、形状や用途別のラインナップを展開。戦時中から戦後の栄養剤として広く利用されることとなります。

また、1947年には、天皇陛下が当社の伊達工場を御視察されています。

生物学に御造詣深くいらっしゃった陛下は、B2生産菌の工業的利用に特別の御関心をお寄せになり、「今後ますます努力して、産業の発展に尽くしてください」との御言葉を賜りました。

そして、テレビ放送の開始、「もはや戦後ではない」という言葉や、国連加盟など、戦後復興期を経て日本全体が高度成長期へまい進し始めたこの時代に、東亜栄養化学工業も急速な発展を見せました。

創立10周年を迎えた1953年、同年に発売したアレルギー治療剤である「ビスニオン注射液」がヒットし、その後、新製品を続々と発売し、業績を急激に伸ばすことができました。 現在でも当社の製品として名を残す「パントール」「ナイクリン」「フラビタン」などは、いずれもこの時代に製造が開始されたものです。1950~60年代にかけて営業拠点も全国に拡大し、3回の増資、売上高は5億円を突破するなど、日本経済の発展・社会の安定とともに、当社が成長するための研究開発力、生産力、販売力の土台が作られた時代と言えます。

「初期ビスラーゼ錠」

昭和天皇御視察

創立10周年を記念し
社員全員で日光へ

再生ボタンをクリックすると「ビスラーゼの歌」が再生されます。

1963年〜(成長期)

ビタミン製剤のトップメーカーへ

この頃の日本は人口が1億人を突破し、成長する経済とともに東京オリンピックや大阪万博開催と、戦後の世界での立場を復権していきました。この経済成長の一方で、大気・水質汚染による大規模な公害や、食品添加物がおよぼす健康への悪影響などが社会問題になりました。さらに、製薬業界では、サリドマイド被害やアンプル入り風邪薬の死亡事故など、重篤な副作用を引き起こす薬害の発生により、製品の安全意識がいっそう高まった時期でもありました。

そのような情勢のなか、当社は、補酵素型ビタミンB2(FAD)生産を発酵法から有機合成法に転換し、その後フラビタンシリーズを展開しました。また、補酵素型ビタミンB1製剤「カルボキシン」、補酵素型ビタミンB2B6配合剤「ライボミン注」、ビタミンK1製剤「ヒメロンK1」などを発売し、ビタミン製剤の拡充期を迎えました。

また、福島工場は4年をかけて研究所や合成工場を次々と新設し増産体制を整えます。1971年には資本金を3億円に増資、1963年から1972年の10年間に売上高は10億円から30億円と飛躍的に伸び、従業員数も208名から457名と倍以上に増え、福利厚生制度や施設の整備もなされた時期でした。

さらに、日本製薬工業協会への入会、山之内製薬株式会社(現アステラス製薬株式会社)と資本提携を結ぶなど、業界団体との連携をとって安定した右肩上がりの発展を遂げていきました。

高度経済成長期が終わり経済が安定してきたころ、当社では福島工場敷地内の施設整備が完了し、アンプルの全自動充填機や自動包装機など、工程の機械化が進みました。それにより生産性が向上し、高まる市場の需要に対応できるようになりました。また、工場での産業災害防止の取り組みが評価され、1975年に内閣総理大臣賞を受賞、優良事業所としての地位も確立しました。

売上は1976年に50億円を突破、そしてここからの10年で100億円突破が視野に入るまで業績は伸長しました。

社内での品質管理についても、質の向上が図られます。1980年には福島工場の製造部でQCサークル活動が開始され、今では品質管理に欠かせない活動となっています。

FAD合成釜

発売当初の「フランドル」

添付文書集

1981年〜(転換期)

循環器領域に特化

新社名変更ポスター

1981年、満を持して虚血性心疾患治療剤「フランドル」が発売されます。狭心症発作の寛解ではなく、それまでなかった「発作の予防」という視点から開発に着手、試行錯誤の末に長時間効果が持続する製剤として「フランドル」は発売されました。この国内初となる徐放性狭心症治療薬「フランドル」の発売により、当社は循環器領域のスペシャリティファーマとして第一歩を歩み始めたのです。

また、バブル景気以前、日本が長期にわたり経済低迷していた時期、東亜栄養化学工業は新社名「トーアエイヨー」として新たなスタートを切ります。1983年に迎える創立40周年を前に、社名と社章を変更。新社名・社章は同年4月から使用が開始され、「循環器領域のトーアエイヨー」として躍進する新時代へと突入していきます。

そして1984年3月、ついに全身用経皮吸収型製剤「フランドルテープ」を発売。「フランドル錠」の主成分が皮膚から吸収されることに気付いた研究チームが医療用テープ剤のノウハウを持つ日東電工株式会社との共同開発で生み出したこの製品は、画期的なDDS(Drug Delivery System)製剤として、その開発技術力が高く評価されます。

薬の成分が皮膚から吸収される薬は経口投与・注射投与に続く第三の経路とも言われていますが、日本における全身用経皮吸収型製剤の使用は、この「フランドルテープ」が発売されたことに始まるのです。

また、この時期には、第1回「冠不全研究会」の開催、「ハートの日」ポスターの提供開始など、今日に続く活動のスタートが切られました。

また、このころコンピュータを利用した業務の効率化が進むなか、当社は1983年からオフィスコンピュータを導入、福島に入出庫情報システムが組み込まれた自動倉庫を建設するといったOA化が進み、本社と福島工場がオンラインでつながるようになりました。

製薬業界では、医薬品の安全性試験実施に関するGLP基準が本格実施され、臨床試験の実施基準(GCP)マニュアルが公表されるなど、法整備が進みます。さらに宣伝担当者の意味に由来する「プロパー」から、現在の呼称・医薬情報担当者「MR」へと呼び名が変更されるなど、製薬会社の社会的役割が明確にされていった時期です。

そのようななか、「フランドル錠」発売から当社営業部門が取り組んできた循環器領域ドクターのネットワーク作りの成功も相まって、医療関係者の間でも「循環器領域のトーアエイヨー」が定着していきます。

そして、バブル経済崩壊後、製薬業界では、薬価制度改革や医療費の患者負担増による受診抑制に加え、治験の国際化や、MR認定制度の導入など、医療費の抑制や業界の規制が強化された時期となります。

この時期の当社は、1993年に創立から50周年、半世紀を迎え、首都圏に初めて研究拠点となる東京研究所を新設しました。1997年には会社webサイトを開設し、また、1998年には「心臓財団虚血性心疾患セミナー」をスタート。生産面では仙台工場を竣工。増加する硝酸薬の需要に対応する体制を整えました。

製品としては、1994年に狭心症治療剤「アイトロール錠」、2000年に糖尿病用剤「メデット錠」、2002年に心不全治療剤「ジゴキシンKY錠・ハーフジゴキシンKY錠」を発売するなど、循環器領域の幅を拡げていきます。

こうして、21世紀を迎え、トーアエイヨーは高齢化、技術革新、グローバル化など、製薬業界に起こる大きな変化に挑み続けたのです。


フランドルテープ

IBM S/36

ハートの日ポスター

2001年〜(深耕期)

領域特化を推し進め、製品ラインナップを充実

バブル経済崩壊後の影響で景気がデフレ傾向を続けるなか、追い打ちをかけるように2007年、アメリカの住宅バブル崩壊に端を発する世界的な金融危機が起こり、先行きの見えない経済状況が続いていたこの時期。製薬業界は企業の再編が進み、また薬剤費抑制の動きはさらに強まり、業界を取り巻く環境は厳しさを増しました。

そのような中で当社は、2001年に製剤技術センターを竣工、性質上不可能と思われたニトログリセリンのソフトバック製剤を含む「ミオコール静注」、苦みをマスキングするコーティングを施した「メデット錠」、カプセル形態の先発品を飲みやすいサイズの錠剤にした「ピモベンダン錠」、低用量のラインナップ追加と口腔内で溶けやすい性質を加えた「アミオダロン塩酸塩速崩錠」と、先発品にない価値を付与した高付加価値製剤を生み出します。

2004年には仙台工場がISO 140001認証を取得し、最先端の製薬企業として基盤を固めました。さらに2009年には合成技術センターも竣工し、製剤技術センターと合わせ製薬技術研究所として、原薬から製剤までの研究開発体制のレベルアップを図りました。

また、同じく2009年には研修施設「クオーレ」を竣工。2010年にはWebサービス「ジゴキシン錠投与量推定サービス」を開始、さらに2011年には栄養機能食品「ビスラーゼ」の通信販売を開始するなど、社内外に向けたサービスを拡充していきました。

そのような中、2011年3月11日に発生した東日本大震災は、当社の心臓部である福島と仙台を直撃し大きな被害をもたらしました。しかし、地震発生直後からの迅速な対応と関係業者の協力により、驚異的な速さで復旧し、市場での欠品をきたすことなく「安定供給」の使命を果たすことができました。

そして未来へ

近年、日本ではさらに高齢化が進行し、それに伴って「がん」「心臓病」「脳血管疾患」の三大生活習慣病患者数が年々増え続けています。

当社は、循環器領域(ハート)の“A”(エース)というキャッチフレーズを掲げ、三大生活習慣病の中でも「心臓病」すなわち狭心症や心筋梗塞といった循環器領域の医療用医薬品の研究開発・販売を行い、患者さんの健康回復に貢献して参りました。「患者さんの健康を守り“QOL”(クオリティオブライフ)を支えるのは私たちである。」という使命と自覚の下、トーアエイヨーはこれからも循環器領域の“A”であり続けます。

虚血性心疾患、不整脈、心不全の各治療領域でシェアNo.1実現に向けて取り組み、独創的で優れた新薬で新時代(new ERA)を拓き、飛躍し続ける所存です。

今後も「フランドルテープ」や世界初のβ1遮断テープ剤「ビソノテープ」など、他社が真似できない特色ある製剤、循環器領域の新薬、高付加価値後発品の開発に取り組み、循環器医療で真に必要とされるスペシャリティファーマを目指します。

クオーレ

本社移転

コーポレートビジュアル一新