会社案内

循環器領域のスペシャリティファーマを目指して

トーアエイヨーは研究開発型企業として、着実に成長を遂げてきました。その歴史は昭和18年(1943年)にはじまります。蚕蛹中のビタミンB2の高度利用を基盤として設立されて以来、この研究から生まれた製剤「ビスラーゼ」、それに続く「フラビタン」シリーズを世に送り、トーアエイヨーはビタミンB2製剤のトップメーカーとしての地位を築きあげました。

さらに1981年、1984年には心臓病薬「フランドル」「フランドルテープ」の開発に成功。発売と同時に、新薬開発が重視されるこの業界にあってもユニークで優れた製品として、各方面から高い評価を得ています。その後も引き続き狭心症治療用硝酸薬を次々に発売し、本格的な高齢化社会を迎えて急増する心臓病の患者さんに光明をもたらすものとして、関係各位から期待されています。

当社は研究開発の拠点として福島研究所及び東京研究所、生産の拠点として福島工場及び仙台工場を設置し、さらに研究と生産の融合をめざした製剤技術センター及び合成技術センターを連動させ、独創的な医薬品開発にますます磨きをかけていく所存です。
これからもトーアエイヨーは、循環器領域及びその周辺領域の新薬や付加価値後発品等の研究開発に取り組み、医療現場で真に必要とされるスペシャリティファーマをめざし、健康というすべての人の望みを医療用医薬品の分野でしっかりと支えることにより、社会に貢献し続けたいと願っております。