医療関係者等との関係の透明性確保に関する方針

1.目的

トーアエイヨー株式会社(以下「当社」)は、医学、薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していくとともに、 これを医療機関等との関係の透明性を確保しつつ行うことを目的として『医療関係者等との関係の透明性確保に関する方針』(以下「本方針」)を定めます。


2.基本原則

当社は、当社が行う医療用医薬品の開発・販売において、また医学・薬学の発展に資することを目的として行う様々な活動において、 医療機関及び医療関係者並びに医療関連学会等に対し金銭を支払った場合、もしくは金銭、物品の提供を行った場合、 これらを本方針に定める基準に従い公開することとします。
なお、支払、提供にあたっては、日本製薬工業協会の定める「製薬協企業行動憲章」「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」「医療用医薬品プロモーションコード」をはじめとする関係諸規範およびその精神に従うとともに、社内の関係各規程にもとづきこれを行うものとします。


3.個人情報の取扱

当社は、本方針に従い個人情報を公開する場合、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号) および当社のプライバシーポリシーに則りこれを取り扱うものとします。


4.公開方法

当社は、当社ウェブサイトを通じ、本方針に定める公開対象と基準をもって公開するものとします。なお、臨床研究法で公表が求められている情報は、閲覧者が容易に当該情報を確認でき、必要な情報をシステム上検索できる仕組みを整備し、かつ、検索により当該情報を閲覧することができるものとします。


5.公開時期と期間

毎事業年度終了後1年以内に公開します。なお、公開期間は、2019年度以降の支払いデータについては6年間とします。


6.公開対象と内容

A.研究費開発費等

臨床研究法、GCP省令などの公的規制のもとで実施されている臨床試験、新薬開発の治験および製造販売後臨床試験等、及びGPSP省令、GVP省令などの公的規制のもと実施される副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等
提供した資金等は、各項目の年間総額とともに以下のとおり公開します。

A-1 特定臨床研究費(臨床研究識別番号、提供先施設等の名称、研究実施医療機関の施設名、研究代表者/責任者の氏名、契約件数、金額)
A-2 倫理指針に基づく研究費(提供先施設等の名称、当該年度に支払のある契約件数、金額)
A-3 臨床以外の研究費(提供先施設等の名称一覧)
A-4 治験費(提供先施設等の名称、当該年度に支払のある契約件数、金額)
A-5 製造販売後臨床試験費(提供先施設等の名称、当該年度に支払のある契約件数、金額)
A-6 副作用・感染症症例報告費(提供先施設等の名称、当該年度に支払のある契約件数、金額)
A-7 製造販売後調査費(提供先施設等の名称、当該年度に支払のある契約件数、金額)
A-8 その他の費用(年間の総額)

B.学術研究助成費

学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、 および学会等の会合開催費用の支援としての学会等寄附金、学会等共催費
提供した資金等は、各項目の年間総額とともに以下のとおり公開します。

B-1 奨学寄附金(支払先、件数、金額)
B-2 一般寄附金(支払先、件数、金額)
B-3 学会等寄附金(学会・研究会名、金額)
B-4 学会等共催費(学会・研究会名、金額)

C.原稿執筆料等

自社医薬品に関する科学的な情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する費用等
提供した資金等は、各項目の年間総額とともに以下のとおり公開します。

C-1 講師謝金(支払対象者の氏名、所属機関名、役職、件数、総額)
C-2 原稿執筆料・監修料(支払対象者の氏名、所属機関名、役職、件数、総額)
C-3 コンサルティング等業務委託費(支払対象者の氏名、所属機関名、役職、件数、総額)

D.情報提供関連費

医療関係者に対する自社医薬品の科学的な情報提供に必要な講演会、説明会等の費用

D-1 講演会費(年間の件数・総額)
D-2 説明会費(年間の件数・総額)
D-3 医学・薬学関連文献等提供費(年間の総額)

E.その他の費用

社会的儀礼としての接遇等の費用

E 接遇等費用(年間の総額)
2020年4月1日改定

公開データ

2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)分支払データ