心不全によるむくみ(圧痕性浮腫)を確認する方法

心不全によるむくみ(圧痕性浮腫)を確認する方法【動画】

監修:医療法人社団康幸会 かわぐち心臓呼吸器病院 副院長・循環器内科部長・内科統括部長 佐藤 直樹 先生

  • 動画作成:2022年12月




    • 心不全では特徴的な症状の1つに「むくみ」が現れることが知られています。
      「心不全によるむくみの可能性」があるかどうかは、『足の脛(すね)や踝(くるぶし)を指で10秒間ぎゅっと押して、凹みが残るかどうか』で確認できます。
      実際、イメージがしやすいように動画を作成いたしました。
      参考いただけましたら幸いです。

      [00分14秒]

    • ※本動画は、心不全によるむくみの可能性を確認する方法をご紹介するものであり、健康状態の評価や病気の診断といった医行為を推奨するものではありません。症状悪化の兆候が見られる場合には自己判断せず、医療関係者に連絡するとともに、医療機関等へご相談ください。